リンク広告

夢の不思議アラカルト

6625 views

夢遊病で歩きまわるのは夢のせい

投稿日:

muyuubyou

一般に夢遊病と呼ばれる行動は、大脳生理学では夢中遊行といいます。

夢遊病という言葉のせいか、歩きまわるのは夢を見ているためだと思われがちです。

 
 

では、本当に夢を見ているうちに、こういった行動が引き起こされるのでしょうか。

夢遊病の人は、眠ってるのに突然むっくり起き上がり、目も開いて歩きまわるため、まわりの人は起きているのかと錯覚してしまいます。

ところが、本人はさんざん歩き回ったり、トイレではないところで用を足したりし、ベッドに戻るとまた眠ってしまいます。翌日にはまったく覚えていません。

夢遊病の人が歩きまわっているときに、脳波を検査してみると、レム睡眠ではない脳波が測定されます。

むしろ、眠りの中でも最も深い段階に入っており、覚醒することなくノンレム睡眠の第二段階に移ります。

この状態では、夢を見ていないのです。つまり、夢遊病と夢そのものとは無縁だといえるでしょう。

眠っていることに、唐突に叫び声をあげて飛び起きる夜驚症も、4歳~12歳くらいの子供に多い現象ですが、これも夢で驚いたのではなく、深い睡眠状態で起こっていることが明らかになっています。

SP

 

夢の内容を50音順で検索できます。あなたの知りたい夢の頭文字をクリックして夢を探してください!

 あ い え お
  き け こ
  し す せ そ
 ち  て 
 な に ぬ ね の
 は ひ ふ へ ほ
 ま み む  も
 や  ゆ  よ
 ら り る れ ろ
 わ    

 

-夢の不思議アラカルト

Copyright© ユメウラナイ.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.